2011年12月16日

2011年にイスラエルはパレスチナ家屋500棟を破壊し、1,000人を強制退去

2011年12月14日水曜日

国際人権機関は、過ぐる(今年)1年にわたり、パレスチナ資産を破壊する活動を拡大したことで、イスラエル当局を非難した。彼らは、「2010年と比較した場合、(占領勢力は)家屋破壊と井戸の破壊を倍増してきた」と主張した。

アムネスティ・インターナショナル、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、オックスファムを含む20以上の人権機関により署名された共同声明で、彼らは、「パレスチナ人に対するユダヤ人入植者暴力は、2011年以来増加し、イスラエルが、入植地拡張を加速した」と述べた。

声明は、イスラエル当局が、過ぐる(今年)1年にわたり、井戸や他の基本的基盤、施設と共に、パレスチナ人家屋500棟以上を破壊してきた事実に、注意を引いた。それ(イスラエル当局)はさらに、2005年以来の単年で最も多い、1,000人以上を強制退去させた。

人権組織は、2005年以来最悪の割合となる、個人に所有されるオリーヴ樹およそ10,000本の故意の損害を含む、パレスチナ人に対する入植者攻撃を示した。2010年と比較して、攻撃の割合は50%増加、2009年と比較して160%増加した。
彼らは、「暴力の(入植者)犯人らが、2005年と2010年の間の期間、警察に提出された告発の90%が、告訴もないまま退けられたといったような、事実上の刑罰免除を享受した」事実に注意を引いた。

(略)

全文:Middle East Monitor


posted by mizya at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。