2011年12月17日

イスラエル刑務所は囚人交換後「補充された」

2011年12月15日木曜日

156230_345x230.jpg
イスラエル諜報警官が東エルサレム、シュアファト難民キャンプの衝突でパレスチナの子どもを拘束、2011年12月1日。
(REUTERS/Darren Whiteside)


ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエルは、交換以来2か月で、囚人交換取り引き第一段階で解放したのと殆ど同じ数のパレスチナ人を拘留してきたと、木曜日、囚人集団は語った。

イスラエル軍が、捕虜となったイスラエル兵、ギラード・シャーリトとの交換で、イスラエル刑務所から囚人477人が解放された10月18日以来、パレスチナ人ほぼ470人を拘留したと、ラマッラ本拠の権利集団、アッダミールは語った。

「この逮捕の波は、交換取り引きが、パレスチナ人拘留のイスラエル政策を妨げないと明らかにする;むしろ、イスラエル刑務所は、10月に解放されたパレスチナ人の殆ど同じ数で補充されている」と囚人集団は語った。

子ども70人が、以来2か月で拘留されてきたと、アッダミールは語った。権利集団からの数字によれば、過去2週間で、子ども11人が、エルサレムの難民キャンプ、シュアファトで、10人が、ベツレヘムのディヘイシャ難民キャンプで逮捕された。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。