2011年12月19日

イスラエルよ、目覚めてコーヒーの臭いを嗅げ

2011年12月18日

パレスチナ人に対する何年もの暴動、樹木の引き抜き、暴力行為、放火、破壊、追い立て、窃盗、石と斧は、波紋を引き起こさなかったが、旅団副司令官の頭への石ひとつが、すべてを変えた。

ギデオン・レヴィ

でき得るなら、わたしは、先週、西岸のエフライム旅団基地に侵入した者ら - 暴徒の仕事に感謝の仕草として、あまり大きくない花束を送りたい。彼らは、少なくともしばらく、他のものが仕損なってきたこと:西岸入植者に対する、イスラエル世論、そしておそらく軍と政府をさえ、撹拌することを達成した。

おはよう、イスラエル。きみは目覚めた? パレスチナ人に対する何年もの暴動、樹木の引き抜き、暴力行為、放火、破壊、追い立て、窃盗、石と斧は、ここで波紋を引き起こさなかった。しかし、旅団副司令官の頭への石ひとつが、すべてを変えた。

全面的暴動。ユダヤ人テロリズム。西岸には民兵、中間地帯に入植者テロリストらがいる。そして、聖なるユダヤ人の血液数滴を滴らせた石故のこのすべて。

ここに再びそれら:傲慢と民族主義イデオロギーがある。選ばれた民から発生するテロリズムがあり得ようか? ひとりの血の数滴が、他の民族の血のほとばしりよりもっと衝撃などということがあり得ようか? Harpazの額をかすった石が、Harpaz軍任務の兵士らにより4日早く殺された、パレスチナ人、ムスタファ・タミミの額を切り裂いた催涙ガスキャニスタより、何故果てしなく繰り返し語られたのか? 

(略:長い、結局暴徒らは、イスラエルを変えはしなかった、だから、暴徒に送る花は考え直す)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。