2011年12月22日

ユニセフ:2011年イスラエルはパレスチナの子ども19人を殺戮した

2011年12月18日

ラマッラ、(PIC) -- イスラエル占領軍 (IOF) が、2011年にこれまでのところ、子どもたちを標的とすることの大きな拡大で、子ども19人を殺戮し、403人を負傷させたと、ユニセフによる報告書は述べた。

それは、IOF部隊が、昨年同じ期間で、子ども9人を殺戮し、308人を負傷させたと付け加え、イスラエル占領当局 (IOA) が、年齢範疇、12歳 - 17歳で、パレスチナの子ども164人を刑務所に拘束したと付け加えた。

報告書は、パレスチナの子ども20人が、拘留中に拷問され、IOAが、それら子どものひとりを、金の見返りに密告者として仕事するよう募ろうとしたが、彼は拒絶したと述べた。

ユニセフは、IOAがまた、同時期、ガザ回廊の病気の子ども27人からの治療要請を拒絶し、西岸で、IOAによる家屋破壊の結果、過去2ヵ月で、パレスチナの子ども78人がホームレスとされたと付け加えた。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。