2011年12月24日

エキスパート:アルハリールでパレスチナ人何千人もを強制退去させるイスラエル陰謀

2011年12月20日

アルハリール、(PIC) -- イスラエル占領当局 (IOA) が、ありふれた安全を口実に、アルハリール(ヘブロンのアラビア語)の南と東でパレスチナの土地、何千ドナムをも収用してきたと、入植活動エキスパート、アブドゥルハディ・ハンタシは、火曜日、警告した。

IOAが、それらの土地に入植地3ヵ所を建設し、その地域のパレスチナ市民を強制退去させ、入植地を拡張する企てで、その近くに新入植地前哨基地の建設を始めたと、彼はQuds Pressに語った。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

関連記事:「入植地エキスパートがさらにパレスチナ人数千人を強制退去するイスラエル計画を警告」Middle East Monitor

2011年12月21日水曜日

入植地問題エキスパートは、被占領西岸、ヘブロン近くの20町村のパレスチナ市民を強制退去するだろうイスラエル計画への警告を発表した。アブドゥルハディ・ハンタシは、パレスチナメディアに、イスラエル当局が、彼の語る、大変薄っぺらな安全を理由に、ヘブロンの南と東の土地、何千エーカーも没収してきたと語った。占領当局はまた、アモン、スシヤ、カルメルを含む没収した土地に、多くの入植地を建設してきた。これらは急速に拡大しており、より小さな衛星入植地建設の中心である。

(略)


posted by mizya at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。