2011年12月25日

狙撃兵の実弾発砲でナビ・サレの抗議者負傷

2011年12月23日
民衆闘争調整委員会

村のデモンストレーションでムスタファ・タミミを殺害した2週間後、イスラエル狙撃兵は、群衆支配目的で禁止される、実弾0.22口径弾で抗議者を撃った。

ns-2011-12-23-twotwo.pageview-400x266.jpg
今日ナビ・サレで実弾で撃たれて抗議者は運ばれた。 Picture credit: Oren Ziv/ActiveStills

今日早く、イスラエル軍狙撃兵は、ナビ・サレ村のデモンストレーションに発砲し、ひとりが腿に負傷した。負傷した抗議者は、赤三日月社の救急車により、サルフィト病院に運ばれた。その事件は、ムスタファ・タミミの射殺から僅か2週間で、全く同じ場所で起こる。加えて、パレスチナ人ジャーナリストが、彼に直接発砲された催涙ガス弾により、脚を負傷し、イスラエル人抗議者2人が逮捕された。

抗議者は、服務規定が、デモンストレーション分散での使用を禁止する、0.22口径弾で撃たれた。2001年末、法務総監、Menachem Finkelsteinは、0.22口径弾を実弾として分類し直し、特に、群衆支配手段としてのその使用を禁止した。再分類は、殆どが子どものパレスチナ人抗議者の多数の死に続いて決定された。


PopularStruggleCC

この事実にも拘らず、イスラエル軍は、カストレード作戦にならい、西岸でのデモンストレーション分散のため、0.22口径弾使用を再開した。以来、少なくともパレスチナ人抗議者2人が、0.22口径弾発砲により殺戮された:

(略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:目撃者がムスタファ・タミミの最後を語る(12月14日)


posted by mizya at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。