2011年12月27日

ボイコット運動家たちが入植地に投資した企業とのロンドンの契約拒絶の手柄主張

2011年12月26日月曜日
by Saed Bannoura - IMEMC News

イスラエル入植地への投資で、世界中の人権集団によるキャンペーンの標的となってきたフランス輸送会社、ヴェオリアは、西ロンドンでの契約を拒絶された - ボイコット・キャンペーンの先導的支持者たちが手柄を主張する。

この6か月以上、運動家たちは、議員と議会職員に、契約からヴェオリアを除外するようロビー活動し、WLWAに、エルサレムと西岸での国際法と人道法の重大な違反でのヴェオリアの直接的共犯を記録した - 地元住民600人ほどが署名した - 書簡を提出した。

西ロンドン廃棄物当局 (The West London Waste Authority/WLWA) は、今週、フランス多国籍企業、ヴェオリアに、ブレント、イーリング、ハロー、ヒリンドン、ハウンズロー、リッチモンド・アポン・テムズのロンドン自治区、140万人住民をカバーする家庭廃棄物処理、4億8500万ポンドの契約を与えないと決定した。

ヴェオリアを除外するWLWAによる決定の背後にある理由は、営利機密とされるが、人権運動家たちは、圧力キャンペーンが決定に影響を与えたと確信していると語る。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:ボイコット運動標的の企業が損失発表(08月09日)


posted by mizya at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。