2011年12月27日

エルサレムのパレスチナ市民7万人が西岸住民として再分類される

2011年12月26日月曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) --

エルサレム市長、Nir Barakatは、東エルサレムでのユダヤ人マジョリティー達成を目指す右翼イスラエル人キャンペーンを進め、市自治体が、今や、エルサレム市民7万人を非-居住者として、分類するだろうと発表した。イスラエルのアパルトヘイト壁により、エルサレムの他の人びとから既に切断されたパレスチナ住民7万人は、書類上同様、その業務が、自治体からイスラエル軍西岸民事行政に引き渡され、今や、投げ捨てられるだろう。

パレスチナ人エルサレム住民は、「国際社会の不名誉な沈黙の中 - わたしたちの領土を接収し、家族からわたしたちを分離するため、イスラエル当局が喧伝する虚偽の安全正当化」と批判し、その都市の分離を激しく拒絶する。

原文:Wadi Hilweh Information Center - Silwan


posted by mizya at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。