2011年12月27日

Euromed:イスラエル占領当局が2011年パレスチナ人4000人の旅行を妨げた

2011年12月25日

ラマッラ、(PIC) -- イスラエル占領当局 (IOA) が、2011年、西岸からヨルダンへの旅を、パレスチナ市民4000人に禁じたと、ヨーロッパの人権報告は述べた。

人権のためのEuromedは、詳細報告で、渡航禁止が、週平均83件にのぼると述べた。

(略)

30ページの報告で、渡航禁止が、病人、学生、女、高齢者、議員、活動家、ジャーナリスト、そして、国際機関職員にさえ課されたと、それ(Euromed)は、述べた。

(略)

ジュネーヴ拠点のEuromedは、イスラエル諜報機関が、パレスチナ人に協力するよう恫喝するため旅行の必要を利用していると、イスラエル占領当局が、基本的人権、すなわち移動の自由を侵害していると付け加え、警告した。

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。