2011年12月30日

イスラエルがパレスチナ人に持家の家賃を支払うよう要求

2011年12月28日

エルサレム、2011年12月28日 (WAFA) - WAFA特派員によれば、イスラエル当局は、火曜日、パレスチナ人高齢者女性に、エルサレムの地区、シェイフ・ジャッラに彼女が所有する家屋の家賃を支払うよう要求する通知を渡した。

彼は、レフカ・アルクルドゥ、85歳が、入植地の協会の利益ため、過去7年間の家賃を支払うよう要求する通知を、暫時、持っていると語った。

通知は、家賃が支払われないなら、アルクルドゥは、即刻彼女の家を立ち退かなければならないとの警告を含む。

過激派ユダヤ人集団いくつかが、1年前、家屋をユダヤ人が所有するとの口実の下、家屋を立ち去らせるため彼女に嫌がらせする目論見で、アルクルドゥの家屋の一部を占拠し、入植地前哨基地に変えた。これは、地元および公的機関、同様に住民による記録で反駁された。

過激派ユダヤ人集団いくつかと同様、イスラエル当局も、地区に残されたパレスチナ家屋、およそ28棟の強奪に取り組んできた。

原文:WAFA

アーカイヴ:入植者らがエルサレムで89歳と50歳の母娘を攻撃(2010年04月04日)

     :パレスチナ婦人発作を被る:入植者がシェイフ・ジャッラの家に侵入した後(2009年11月30日)


posted by mizya at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。