2012年01月01日

元イスラエルPalmach戦士による衝撃的ナクバ証言

2011年12月29日

Salem-News.com

恐らく、ユダヤ系イスラエル人殆どすべてを悩ました恣意的記憶喪失も、Neumannを容赦しなかった。

(ROME) - 民族浄化、大虐殺、植民地化、かなりの人種差別が、1948年のナクバで、テロリスト部隊(ハガナのエリート)、パルマッチで戦ったAmnon Neumannのこの衝撃的証言ヴィデオですべて明かされる。

Neumannは、モシュ・ダヤンが、1951年になってさえ、パレスチナ人たちを追放したと明かす!

自責のいくつかの瞬間にも拘らず、このテロ集団の元メンバーは、インタヴュアに、ことさら大虐殺について、彼がそれらに参加した故、話すことを拒絶すると告げる。彼はまた、パレスチナの村々を、すべてが麦わらと泥で造られた家々と描写しようと試みる!

恐らく、ユダヤ系イスラエル人殆どすべてを悩ました恣意的記憶喪失も、Neumannを容赦しなかった。

これを見るパレスチナ難民への警告:この証言のいくつかの部分を聞くのは実に困難であり得る。わたしはヴィデオを2回、止めなければならなかった... Neumannが、(明白に消毒された言葉で)強制的追放、ブドウの木を世話する農民の殺害を叙述する無関心、...圧倒的だ。


Zochrot

原文:Salem-News.com


「麦わらと泥」の家が、「破壊」を正当化するだろうか。ニッポンの家は「ベニヤとホチッキス」で造られる、と、いわれる。ならば「破壊」されていいのか。「麦わらと泥」の壁は、「エアコン」以前の生活においては、日本の風土によく適合した。じめじめと湿ったニッポンで、土壁は、湿りを吸収し放出する。家も呼吸する、それが思想、文化だった。
 イスラエルにより破壊された村や町、集落は500を越える。リフタもそのひとつだが、リフタの家々は石造りだった。住めないように、屋根が破壊された。

アーカイヴ:国連はリフタ保存を今行動すべき(2011年12月06日)


posted by mizya at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。