2012年01月01日

イスラエルがエルサレムからパレスチナ人125,000人を孤立させる

2011年12月30日金曜日

エルサレム拠点の人権センター (HRC) は、イスラエル地方自治体が既に、都市の他の部分からパレスチナ地区を分離する政策適用を開始したと警告した。実際、センターは、その過程が2年前に始まったと主張する。「イスラエルの(エルサレム:訳註)市長、Nir Barkatの計画は、パレスチナ地区幾つかの隔離が、実際、2年前に初めて提出された古い計画と示唆する」と、HRCはQuds Pressに語った。

声明でHRCは、これが、在住許可証の撤回を通じ、エルサレム住民排除を含むと指摘した;1967年に始まった東エルサレムのイスラエルによる占領以来、パレスチナ人14,266人が、彼らの許可を取り消されてきた。

センターは、過去2年にわたり、彼らが「壁の外側に住み」「したがってもはや、エルサレムに居ない」と主張し、占領当局が地方税請求を発行してこなかった問題の地区に住むエルサレム市民からの申し立てを受けてきたと、言及した。

原文:Middle East Monitor


posted by mizya at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。