2012年01月08日

イスラエル軍がベツレヘムの検問所で男を「撃ち、負傷させた」

2012年01月05日木曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエル軍が、水曜日、ベツレヘム近くの検問所で、男を撃ち負傷させたと、地元ラジオは報じた。

東エルサレム、アルエイザリアのムンケス・ムーサ・ルミは、手と脚に負傷したが、パレスチナの赤三日月の援助を拒絶したと、救急業務の管理者は、Radio Bethlehem 2000に語った。

アブドゥル・ハリム・アル-ジャーフラは、医療隊が、男が負傷したのでその地区に救急車を送るよう知らせを受けたと語った。

ルミは、赤三日月により治療されるのを拒絶し、彼の負傷の責任はイスラエル軍にあるのだから、イスラエルの病院に搬送されると主張したと、アル-ジャーフラは語った。

コンテナー検問所は、その事件後、しばらく閉鎖された。

イスラエル軍報道官は、コメントを求める呼びかけに即答しなかった。

原文:Ma'an News Agency


 素朴な疑問、彼はその後、イスラエルの病院に搬送されたのだろうか? 別名「炎の渓谷」、コンテナー検問所は悪名高い。
 わたしたち、「占領に反対する芸術家たち」も、この検問所を通過できなかった。通過できなかったときのことを、「もしローザ・パークスが記者会見を行うことができればこのように見えただろう」の掲載記事の最後にコメントとして載せている。


posted by mizya at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。