2012年01月09日

2009年1月7日:マタール家

2012年01月07日
パレスチナ人権センター

「誰かがぼくを砂漠に連れて行ってそこに残してくれたら、ぼくはひとたちと会わないで済むから、素晴らしいだろう」

07-01-n-325x400.jpg
マフムード・マタール (Photo: Palestinian Centre for Human Rights)

2009年1月7日、09:30ごろ、イスラエル軍は、ガザ市、シェイフ・ラドワーン地区のアッタクワモスクを標的とした。モスクは、当時14歳だったマフムード・マタールの家から150メートルにあった。攻撃の場面に走って行って、さらなる2発の攻撃がその地区を襲い、マフムードの学校友達ひとりを含む、15歳の少年ふたりを殺したとき、マフムードは、居合わせた。マフムードは意識不明に陥り、激しい火傷と榴散弾で負傷した。その結果、彼は全盲となった。

マフムードは、攻撃以来の彼の生活の変化を語る:「ぼくは、ひとりで海に行ったものだった。ぼくは独立していた。今、ぼくは、どこに行くにしろ誰かを必要とする。ぼくは日々を家で過ごし、2ヵ月か3ヵ月に一度出かける」。傷から受けるマフムードの自意識は、外出し、人びとの中にあるを、今ためらうと意味する。「ぼくは、子どもたちから得る取りざたの所為で、外出したくない。出かけるときはいつも、衣服と暗い眼鏡で顔を覆う」とマフムードは語る。「眼鏡は昨日壊れた」。

彼の孤立は、彼に暗い人生観を残した。「誰かがぼくを砂漠に連れて行って、そこに置いてきてくれるなら、人たちに会う必要がないから、素晴らしいだろう」。

(略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:2009年1月5日:アマル・アッサムーニ(01月07日)
     :2008年12月31日:アブアリーダ一家(01月05日)


posted by mizya at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。