2012年01月10日

裁判官がUCバークレーでの「反-ユダヤ風潮」の主張を却下

Dalia Almarina
The Electronic Intifada Berkeley
2012年01月06日

120106-uc-irvine-protest.jpg
訴訟と刑事裁判は、カリフォルニア・キャンパス連帯活動家の言論の自由の権利を脅かした。 (ZUMA Press/Newscom )

カリフォルニア大学バークレー校に於ける主張された反-ユダヤ主義に関する訴訟は、その予備段階で却下された。

学生たちが、彼らの主張を支持せず、キャンパスで展開する「反-ユダヤ風潮」を許しておくと、大学行政を非難した事例は、地裁判事が裁決して、却下された。

12月22日、サンフランシスコで、米国地方裁判所判事、Richard Seeborgは、訴訟却下動議を支持すると裁決した。彼の裁決で、Seeborgは、「原告は、被告が、原告の法的、あるいは他の憲法上の権利を犯したとの、あるいは、彼ら(大学:訳注)が、他の人の行為を管理する一層の措置を講ずるための法的義務を有するとの主張を支える事実を申し立てていない」と述べた。

2011年5月18日に、2010年UCバークレー卒業生、ジェシカ・フェルバー、現UCバークレー学生、Brian Maissy、UCバークレーのシオニスト学生組織、Tikvahメンバーにより起こされた訴訟は、パレスチナにおける公正のための学生たち (SJP) とムスリム学生協会 (MSA) の活動家たちが「カリフォルニア大学のユダヤ人学生の健康と安全を脅かし危険にさらす」と申し立てた。

原告は、MSA、SJP、そしてムスリム学生連盟 (MSU) - 実際、UCバークレーのキャンパスに存在しない組織 - を、「反-ユダヤ/反-イスラエルのMSA、SJP、MSU」として、引き合いに出した。

訴訟の「目玉」は、2010年3月に生じたとフェルバーが主張した出来事だった。フェルバーは、「イスラエルの平和と多様週間」に、キャンパスの有名な抗議エリア、Sproul Plazaで、彼女がデモンストレーションしていたとき、SJPメンバーが、彼女にショッピングカートをぶつけたと、申し立てた。(略)

首尾一貫したあるいはもっともらしい論点はない

訴訟は、原告の主張の正確さの議論や調査を要求せずに、原告により提出された情報すべてを真実とする仮定を判事が裁決する、却下動議段階で、却下された。

訴訟の一部は、米国憲法修正第一項の下、調べられた。Seeborgは、彼の裁決で、申し立てが「原告の『集会の自由』のいかなる剥奪も少しも示されていない。加えて、現在申し立てられている事実から、誰かが原告の宗教実践の邪魔をしたすることは全く明らかでない」と述べた。

判事は、「いくつかの裁判所が、公立大学に、困るスピーチを禁止し、学生の権利の邪魔をする管理を可能としたが、学校がそうする法的義務はない」と付け加えた(「UCバークレー学生の反-ユダヤ訴訟却下」San Francisco Chronicle、2011年12月26日)。

(略)

全体として、その裁決は、申し立ての完全にばかげた性格と法律の浅はかな使用を明らかにする。しかしながら訴訟 (litigation) が、訴訟 (suit) で被告とされたMSAとSJPを除外するので、組織は、彼らに対してなされた申し立てに応答する機会を提供されない。

偽りの申し立ての普及

(略)

学生連帯集団についての神話対現実

SJPは、多くの進歩的学生集団と密接な関係を持つ。2010年春のCal SJPの「脱資運動」で、イスラエルからの大学資金引き上げを模索する学生議会法案の公式支持で、43の学生組織が署名した

更に、SJP自身、申し立てが述べたような「パレスチナ活動家集団」でない。そのメンバーは広範な環境からで、その大多数は、非-アラブであり、非-ムスリムだ。一般に、人口統計は年々変わるが、登録されたUCバークレー学生組織としてのその存在の過去5年半、SJPの指導層は、非-アラブ・非-ムスリムの個人のマジョリティを反映した。

訴訟はまた、反シオニストユダヤ人の意見 - 2005年春に、カリフォルニア大学学生連合への登録以来、SJP内部に強かった意見 - の存在を無視し、「反-シオニスト」が「反-ユダヤ」に等しいと主張して、「ユダヤ人」を「シオニスト」に合成する。

(略)

全文:The Electronic Intifada
posted by mizya at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック