2012年01月10日

尋問官が市民抗議者の裁判で未成年者尋問はジョークだったと語る

2012年01月08日

ラマッラ、2012年1月8日 (WAFA) - 民衆闘争調整委員会によるプレス・リリースによれば、イスラエル尋問官が、日曜日、市民抗議者、バッシム・タミミの裁判で話して、彼の未成年者への、タミミを有罪と決するだろう、彼から自白を得るための尋問は、ジョークだった。

警官、ジャラル・アウェイダ(ドゥルーズ?)は、ラマッラ近く、ナビ・サレ村で開催される、村の土地と水資源の上に、ハラミシュ入植地を拡張することに反対する毎週の抗議におけるタミミの役割について、14歳のイスラーム・ダルアユーブに尋問した。

3月に逮捕されたタミミは、彼が、イスラエル兵士らに投石するよう村の子どもたちを煽動したとする、彼に対する告発を審議する、ラマッラの西、オフェル軍事法廷に現われた。

イスラエル警官、ジャラル・アウェイダは、タミミに罪を負わせるよう、彼を強要する尋問でのダルアユーブ威圧の試みは、単なるジョークだったと、法廷に語った。

ダルアユーブが法廷に、「ぼくは、ジャラルを恐れていた;彼は机を叩き、彼の手で合図して、ぼくを怯えさせた」と告げた事実について、彼が語り得ることを検察官に尋ねられて、アウェイダは、「わたしが机を叩いたなら、それは彼を怖がらせるためでない。彼の年齢を考慮するなら、それがジョークとしてなされたことは確かだ」と、アウェイダは答えた。

アウェイダは、警官が彼の手を拳にして、少年の顔の前で連打し、数分後、彼の前で空手のような身振りをして脅しているのを示す尋問の記録を法廷に提出した、タミミの弁護士、ラビブ・ハビブに証拠を示され、笑いさえした。

「それは冗談だった」と、彼は返答した。「わたしが言った言葉すべての陰にある、それはジョークだった」。

尋問で、ダルアユーブは、タミミが彼に、毎週の抗議で、兵士に投石し道路を封鎖するよう告げたと語った。

裁判官が証拠を調査した後、その裁判は再開するだろう。

原文:WAFA

アーカイヴ:バッシム・タミミ裁判での目撃者たち:ぼくたちは尋問者らにより、彼に罪を負わせるよう指図された(2011年12月03日)

     :パレスチナの子どもたちは抑圧的隔離で拘留される(01月09日)


posted by mizya at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。