2012年01月10日

注目:右翼クネセト議員がアラブ同僚に水をかける

2012年01月09日月曜日
Ami Kaufman

ちょうどあなたが、クネセト(国会)での立法に関して事態はあまり低い調子になり得ないと思った時、「イスラエル我が家」党国会議員、Anastasia Michaeliは、頭にきて(?かしら - 原文参照)暴力の深淵にわたしたちを投げ込む。ガリラヤのアラブ・タウン、アララでの人権行進に、彼の生徒たちを連れて行くと決定した校長について聞いていて、アラブ労働党国会議員、ガーレブ・マジャデレに、彼女がいかに振る舞ったかが、ここにある。


King4Fun4

この人はわたしをうんざりさせる。わたしは、それより他、言いようがない。

彼女、そして恐らく、彼女の党の同僚の殆どが、アラブ人の悪人と思う。彼らが栄光ある民族、ヨーロッパの文明化された文化をイスラエルとその議会にもたらしたと、彼らは考える。

言ってください、文明化されているのは誰か? 未開なものは誰か?

これは、右翼が力に酔っているとき、起こることだ。

それは水で終らない(醒めない)。

原文:+972


 何とデブのアラブ議員、と、思ったけれど(文章を読む前に、理解できないヘブライ語のヴィデオを観たので)、「それは水で終らない」、このようなことばが、水をかけられた直後に言えるのは、身体の大きさと同じほどの寛容と知性のなせる業と思わざるを得ない。翻って、彼の問いかけに、議会の誰も応えられない。水をかけられた当人より、居合わせた人たちの方がもっと驚愕したというのだろうか。
posted by mizya at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック