2012年01月14日

2009年1月11日:ハムーダ家

2012年01月11日
パレスチナ人権センター

「わたしは、腕に別の子どもを抱くことさえできない、6か月の新しい孫がいるのに、わたしはまだ腕に抱いていない、わたしは、ファレスの場所と感じている」

11-01-n-400x298.jpg
タラトゥとインティッサール・ハムーダ (Photo: Palestinian Centre for Human Rights)

2009年1月11日、朝早く、ガザ市、タラルハワのインティッサール・ハムーダ、41歳の家は、イスラエル軍の攻撃を受けた。イスラエル戦車の発砲は、攻撃時、2歳だった彼女の息子、フェレス・ハムーダと、継息子、ムハメドの死に繋がった。ムハメドは、彼女が、ムハメドの父、彼女の夫のタラトゥ、54歳と世話をしていた。救急隊員が彼らに到達できなくて、ムハメドが出血死する一方、ファレスはインティッサールの腕の中で即死した。

「ムハメドとファレスは多くの共通点を持っていた。ファレスが生まれたとき、わたしは母乳で育てることができなかったので、粉ミルクを与えなければならなかった。ムハメドは、10ヵ月で母親を失い、粉ミルクを与えられた。その結果、どちらも、似通った症状の病気を持っていた」と、インティッサールは語る。彼らの短い生涯を通し、兄弟は仲良かった。「ファレスは、ムハメドが学校から帰るまで、眠りにつくのを拒絶した。攻撃の日、ファレスは病気で、わたしから薬を飲むのを拒絶し、ムハメドに飲ませて欲しがった」とインティッサールは語る。

攻撃に続き、インティッサールは、酷く衰弱した。「わたしは、脚と骨盤に負傷したため、事件から6ヵ月後でさえ、わたしの脚で歩くことができなかった;わたしは、家を動き回るのに、継娘たちや姉妹たちの助けを必要とした」。インティッサールは、構造的形成手術同様、腹部から榴散弾を取り除く手術を、以来、3回受けた。

(略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:2009年1月10日:ワファ・アルラデア(01月11日)
     :2009年1月9日:アブオダ家(01月10日)
     :2009年1月8日:アルラヘル一家(01月10日)
     :2009年1月7日:マタール家(01月09日)
     :2009年1月5日:アマル・アッサムーニ(01月07日)
     :2008年12月31日:アブアリーダ一家(01月05日)


posted by mizya at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | document | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。