2012年01月18日

イスラエルに関するEU報告:二国家解決救済?

ジョナサン・クック
2012年01月13日金曜日

ナザレ - イスラエルとヨーロッパの既に緊迫した関係は、いわゆる和平プロセスに関する漏洩内部ヨーロッパ報告書が、先例ない言葉でイスラエルを批判し、今週、今までで最低に達した。

二国家解決の機会が、急速に衰えていると警告する文書は、パレスチナとの会談を復活することに対するイスラエルの拒否に、ヨーロッパ27加盟国の中に増大する激高を反映するように見えた。

発展中の危機を報じるイスラエル新聞は、「イスラエル対ヨーロッパ」といった表題で案内した。そのひとつ、ベンヤミン・ネタニアフ首相に近いとして知られるIsrael Todayは、イスラエル極右外務大臣、アビグドール・リーベルマンにより出されたヨーロッパへの拒絶を反映し、最近「ヨーロッパは重要でなくなる」と発表した。

イスラエルのオブザーヴァたちは、トルコやエジプトといった、地域の重要な戦略的同盟国との最近の降下に続く、ヨーロッパとの不和は、イスラエル・ニーズの最後のものと警告してきた。

緊張は、合衆国の中東協議事項に向けたEUの伝統的服従を破る可能性を示唆し、イスラエル-パレスチナ紛争に向けたますます独立したヨーロッパ・アプローチであると見えるものの出現により引き起こされてきた。

(略:まだまだ長い)

全文:alakhbar


posted by mizya at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。