2012年01月18日

英国が中東和平のための「時間は尽きつつある」と語る

2012年01月16日

先立って、英国副首相は、イスラエル人入植地を、和平プロセスを傷つける「恣意的破壊行為」と非難した:発言は、アッバス訪欧中になされた。
DPA

英国首相、デビッド・キャメロンは、月曜日、ダウニング街の会合で、パレスチナ大統領、マフムード・アッバスに、英国が、時間が「尽きつつある」和平プロセス再開のヨルダンに支持された努力を促進するよう、その力であらゆることをするだろうと伝えた。

(略)

3709693947.jpg
英国首相、デビッド・キャメロン(右)が、ロンドン中心部、ダウニング街10番地の彼の公館での会談前、パレスチナ大統領、マフムード・アッバス(左)と握手、1月16日、
Photo by: AFP

(略)

先立って、アッバスとの会談後、ニック・クレッグ副首相が話して、和平プロセスを「計り知れなく損傷」し「二国家解決を脅かす」「恣意的破壊行為」と、継続的イスラエル人入植地を非難した。

彼の強い言葉は、合同記者会見で、アッバスにより歓迎された。「これはまさにわたしたちが、(英国)政府から公式に聞きたかったものだ」とパレスチナ指導者は語った。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「フランス議会報告書が西岸での水『アパルトヘイト』でイスラエルを非難」Haaretz.com
2012年01月17日

パリのイスラエル大使館は、2週間前に公表されたフランス議会外務委員会報告書を先見せず、したがって、論駁、あるいはそれを緩和するため働くことをしなかった。
Barak Ravid

フランス議会外務委員会は、2週間前、西岸の水資源割当で、「アパルトヘイト」政策を実施するイスラエルを非難する前例ない報告書を公表した。

(略)

報告書は、水が「新アパルトヘイトに奉仕する武器」となっていると述べ、この主張を支持する例や統計を挙げた。

「西岸のイスラエル入植者、45万人ほどが、そこに住むパレスチナ人230万人より、より多くの水を使用する」と、報告書は述べた。「干ばつの時期、国際法に反して、入植者らは水の優先権を得る」。

(略:パリのイスラエル大使館が怠けていて、このような「本当の」報告書が発表されてしまったという話なので)

アーカイヴ:パレスチナは公正に渇く(2011年05月31日)


posted by mizya at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。