2012年01月23日

最新のハズバラ・メメ(?):ブラックウォシング

2012年01月19日木曜日

Richard Silverstein
RichardSilverstein.com
2012年1月9日

パレスチナ人に対するイスラエル政策への主要な批判と戦うために利用される、親-イスラエル・ハズバラ(プロパガンダ)コミュニティの配役と繋がる、ピンクウォシング、グリーンウォシング - 今「ブラックウォシング」というのを、あなたは聞いてきた。ピンクウォシングは、アラブ文化と民族の同性愛嫌悪を指摘するために、ゲイ社会にイスラエルを促進させる努力だ。グリーンウォシングは、(もちろん、JNFと共同するイスラエル政府により、そのコミュニティが、ブルドーザで押し潰されてきたネゲヴ・ベドゥインへのその憎むべき扱いを除外して)環境問題へのイスラエルの申し立ての感受性を指摘する、ユダヤ民族基金 (JNF) のような環境集団による試みだ。今、ブラックウォシングが猛威を振るう。

A_Team_0.jpg
AIPACイスラエル大名旅行のアフリカ系アメリカ人政治指導者・学生たち

AIPACのようなイスラエルロビー団体は、大学キャンパスで、アフリカ系アメリカ人学生との関係を緊密に培う仕事をしてきた。イスラエルをアパルトヘイト国家と分類する、BDSキャンペーンと戦闘する防御のための証人として、メディアに披露できるAIPAC会議に、彼らは、これら若いリーダーを送る:

(略:ヴィンセント・エヴァンスをAIPACがどのように取り込んだか)

イスラエルロビーは、アフリカ系アメリカ人学生を気にかけているだろうか? イスラエルロビーは、彼らの心に詰まった問題を気にかけているだろうか? イスラエルロビーは、各コミュニティに相互利益をもたらす促進のため、政治的連合を創出しようと、黒人に手を伸ばしたというのだろうか? からかってる? これら子どもたちは、PR戦争における素材だ。彼らは、イスラエルがアパルトヘイト国家でないと世界に示すため、黒い顔を持っていることの外、何をも意味しない。しかし、これら子どもたちは、イスラエルについて実際、どれほどのことを知っているだろう?

全文:End the Occupation


 ハズバラは、少なくても英英辞典に出ていないから、英語ではないと思えるけれど、イスラエル-パレスチナ問題の記事にはかなり頻繁に登場する。イスラエルによるプロパガンダを指す言葉だから、ヘブライ語、かもしれない。ホワイトウォシングは、白塗り、覆い隠す、糊塗する、しかしそれからの造語で、ピンクウォシングだのグリーンウォシングだのブラックウォシングだのは、翻訳のしようもない。この記事はそれを解説するから翻訳を試みたけれど、Memeって何? 表題で知らない、想像もつかない言葉に出会うと、もう本当は、翻訳などしたくない。

ピンクウォシング:イスラエルの少なくない超正統派ユダヤ教徒の「同性愛嫌悪」は?
グリーンウォシング:パレスチナのオリーヴ林が、イスラエル占領軍により、入植者らにより、破壊されない日はない。
ブラックウォシング:エチオピア系ユダヤ人に対する差別がすべてを物語る。エチオピア系ユダヤ人からの献血が捨てられたことを記憶しているひとも多いと思う。イスラエルでは、差別に反対するエチオピア系ユダヤ人のデモが報じられている。
posted by mizya at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。