2012年01月24日

PCHRがガザ患者のイスラエルによる拘留酷評

2012年01月23日

ベツレヘム (Ma'an) -- パレスチナ人権集団は、ガザの外での治療を模索する病人のイスラエルによる拘束は、国際法に違反すると、警告した。

「患者を標的として、イスラエルあるいは西岸の病院での医療を必要とするのを利用し、彼らを恐喝することは、重大な違法行為を構成する」と、月曜日、パレスチナ人権センター (PCHR) は声明で述べた。

イスラエル軍は、木曜日、ガザ北部のエレツ検問所で、ジャバリヤ難民キャンプのバッサム・レハン、25歳を拘束した。

PCHRは、西岸で手術を受ける予定だったレハンが、拷問を受けるだろうことが懸念されると述べた。

ガザ回廊の患者、もうふたりが、2011年11月に、同じ検問所で拘束されたと、PCHRは語る。

「それは、残酷で非人道的、ことさら、ガザ回廊の病院で、その治療ができない患者の苦痛を悪化させる、ガザ回廊に課される違法な封鎖の一部として、治療の質を低下させる形態である」と、声明は述べた。

原文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:イスラエルがエレツ検問所で「患者拘束」(01月22日)


posted by mizya at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。