2012年01月25日

OCHA:先週パレスチナ人21人負傷、構造物12棟破壊

2012年01年22日

西岸、(PIC) -- 国連人道調整業務事務所 (OCHA) により発行された、イスラエルの暴力に関する報告によれば、先週、被占領西岸で、パレスチナ人21人が負傷し、家屋と建造物12棟が破壊された。

報告は、先週の建造物9棟のイスラエルの破壊により、パレスチナ人36人の収入源が影響を被ったと述べた。

イスラエル占領当局 (IOA) がまた、被占領エルサレムとエリコの住宅2棟、ナブルス市の他の構造物5棟に対し、破壊命令を発行したと、報告は述べた。

OCHAはまた、その週、パレスチナ人18人が、イスラエル兵士らにより撃たれ、他の3人が、ユダヤ人入植者らにより負傷させられたと、報告で述べた。

毎週の攻撃の一部として、ユダヤ人入植者らは、Kfar Tapuah入植地近くのオリーヴ樹、40本を破壊し、サルフィト、ナブルス、ラマッラ、アルハリールの都市で、パレスチナ車輌8台を、損傷させるかあるいは燃やし、サルフィト近くのデイルエスティア村の壁に、人種的中傷を描きなぐった。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。