2012年01月26日

砲火の下でのベイト・ハヌーンのデモンストレーション

2012年01月25日

Nathan Stuckey
International Solidarity Movement、ガザ回廊

ガザは今日、新奇な光景に、実際新しくはないが、長い間、ガザでは見られなかった何か:催涙ガスで待遇された。ガザでの抗議は、西岸でのように、催涙ガスとこん棒で粉砕されるのでなく、実弾に遭遇する。ガザから西岸を分断するイスラエル政策の継続で、何も見過ごされない。ガザの人びとのこととなると、世界の意識に固定したいと彼ら(イスラエル)が望む半-人間地位は、残忍なまでに執着される。エレツ近くで、デモンストレータ、100人以上が撃たれた2011年5月15日、催涙ガス1発だけが発射された。その前、抗議者たちは、実弾と戦車砲撃に直面した。ベイト・ハヌーンの地元のイニシアティヴで、エレツ近くで実行されたいつものデモンストレーションの3年間で、常連たちはわたしに、これが、彼らが催涙ガスを見た初めてだったと告げる。

デモンストレーションは、他のすべてと同様始まった。わたしたちは、半分破壊されたベイト・ハヌーン農業大学の近くに集まり、立入禁止区域に向かって行進した。わたしたちは、男と女あわせて40人ほどだった。いつものように、抗議者たちは、メガホンと声のみで武装した。今日、わたしたちは、エレツから、先週、若者ふたりが立入禁止区域近くで鳥を捕まえ、瓦礫を集めていて、殺害された現場近く、ベイト・ハヌーン東部にハイキングすると計画した。かつて繁茂する果樹園地区だった立入禁止区域は、コンクリートに再利用する瓦礫の産地に変えられた。

イスラエルは、ガザへのコンクリート輸入を禁止する。人間のみが、イスラエルが、ガザで遂行した2008-2009年の大虐殺で破壊した住宅何千棟をも再建するため、コンクリートを必要とするだろう。イスラエルの目に、ガザ人は本当の完全な民衆でない;彼らは、立入禁止区域近くに来ることを考えさえする、意のままに殺害される半-民衆だ。

これが、わたしたちが行進する理由で、わたしたちは、立入禁止区域を拒絶し、占領を拒絶する。ナクバでその家から放り出されたガザの難民は、その家に戻ることを望む。


mahde1988

わたしたちは、立入禁止区域に通じる泥だらけの道を歩いた。わたしたちが、立入禁止区域近くに行ったとき、砲撃は始まった。砲撃は、予期しなかったわけでない;弾丸は、占領の言語であり、少なくとも聞こえる言語だ。民族浄化、弾圧、拷問もまた、占領が話す言語だが、占領の最大の声は、弾丸と爆弾だ。弾丸が、わたしたちの頭の上をかすめ;それらは、わたしたちの前の土に打ち当たった。そして、予期しなかったことが起こった;催涙ガスが降り始めた。催涙ガスの煙は、わたしが西岸の抗議で覚えているものより小さかった。恐らく、砲弾が古い、ガザで滅多に使用されないので多分、在庫が古い。

(略:長い)

初め、抗議の継続は明確でなかった。人びとは、新たな武器の使用に衝撃を受けた。しかしながらすぐ、決定はなされた:わたしたちは続ける。わたしたちは、緩衝地帯の端に沿って東を歩いた。何百メートルか離れたコンクリート・タワーの兵士らが、これら抗議者たちが民族浄化された土地に建てられたコンクリート・タワーの中の兵士らが、彼ら自身の土地を歩く非武装の抗議者たちに実弾を発砲した。

(略:やはり長い)

全文:International Solidarity Movement


 砂漠を森に変えたという「イスラエル神話」(もちろん嘘だ。砂漠はのシーンはシナイ半島で撮られたのだから)とは裏腹に、ヴィデオで見る限り、ガザの方が緑豊かだ。パレスチナは肥沃な三日月地帯、美しい丘の森を剥ぎ取って、入植砂漠にしてきたのはイスラエルだ。


posted by mizya at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。