2012年01月28日

イスラエルの暗殺とアメリカ大統領

Alison Weir
2012年01月25日

(長いので要点のみ)

1月13日に、Atlanta Jewish Times(アトランタユダヤ新聞)は、イスラエルがいつかアメリカ大統領「殺害を命令する」必要があるかもしれないと示唆する、所有-発行者によるコラムを掲載した。

コラムで、出版者、アンドリュー・アードラーは、イスラエル首相、ネタニアフが「イスラエルに友好的でないとみられる大統領を取り除くため、米国拠点のモサドスパイに許可を与える」必要のシナリオを説明する。

その目的? その後、副大統領が就任し、ユダヤ人国家を助ける米国政策を指示できるように「その敵を抹殺する」。

アードラーは、その考えが「イスラエルの側近グループ殆どで議論されてきた」ことはおおいにありそうと書いた。

ユダヤ人リーダーの多くが、コラムを今や謝罪し、辞職し、新聞の売り上げを伸ばしたアードラーを、素早く非難した。あるイスラエルのコラムニストは、オバマに対してかき立てられる憎悪が、ユダヤ人過激派による、イスラエル首相、イツハク・ラビンの殺害を導いたイスラエルでの状況に似ていると述べた。

(略)

実際はしかしながら、イスラエル側近グループがそのような行動計画を探り、進んでそれを企てるだろうとのアードラーの期待は、完全に正確かもしれない。事実イスラエルは、世界の至る所で人びとを殺戮してきたし、暗殺を企ててきた;多くがアメリカ人だった。申し立ての陰謀のひとつは、アードラーの提案に驚くほど似ていた。

1991年、イスラエル秘密チームが、米国大統領暗殺を計画した証拠がある。意図された犠牲者は、ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ(父親ブッシュ)。

(略:父親ブッシュ暗殺計画の詳細と他の計画リスト)

全文:Anti War.com


posted by mizya at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。