2012年01月29日

入植者前哨基地に関しクネセトメンバー:家屋を破壊する文明国はない

2012年01月27日金曜日
Mairav Zonszein

西岸の違法入植者前哨基地が、法の裏をかき、拡張のみを続けるとき、より長く数十年間もあったパレスチナの家屋は、何度も繰り返し破壊される。

demolish-aftermath.jpg
ウンム・エルヘイルの破壊の向こうにCarmel入植地が見える (Photo: Operation Dove)

今週、国民宗教のクネセトメンバー(議員)、Zevulun Orlev(ユダヤ人祖国党)は、「ロンドン&キルシェンバウム」と呼ばれるイスラエルのニュースショーで、西岸での違法入植者前哨基地を合法化する(ええ、あなたは正確に読んでいる - 違法なものを合法とする)彼の法案提案についてインタヴュを受けた。首相の反対により棚上げされた個人的法案は、4年ほどあり、少なくても20家族がそれらに住む、西岸での入植者前哨基地の破壊と撤退を、国に禁じるだろう。

そのような前哨基地のひとつが、政府がまたしてもその入植者支持アジェンダを実証し、最近、ニュースの論議の中心であり続けたMigronだ。最高裁判所は、2012年3月までに前哨基地を破壊しなければならないと裁決したが、ネタニアフ首相は、入植者らと、彼らの違法前哨基地を2キロメートル上方に移動し、彼らが現在住む場所を農場に転換するとの合意に達し、裁決の裏をかいた。ピースナウは、Migron状況に関する有益な報告を有する(ここ)。

それでOrlev議員に戻ると:インタヴュで彼は、(ヘブライ語から意訳すると):善意で、政府の支持を受けて、西岸に移動した家族たちを、その住居から撤退させることはできない、というのも、家屋破壊を政策とする文明国は世界にない、との言い分で、法案を防御した。

Orlev議員はしたがって、2011年だけで、西岸と東エルサレムに起こった家屋破壊200棟を含む、同様に水曜日、ウンム・エルヘイルで起こった、その1日前、アナタで起こった家屋破壊の、彼の政府の根深い政策をご存じないに違いない。

(略)

全文と画像5点:+972


posted by mizya at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。