2012年02月01日

ユダヤ系チュニジア人が出立要請拒絶

2012年01月31日

1年前にチュニジアで始まったアラブ暴動(Uprising、このことばより他思いつかないのかしら、BBCは - mizya)に引き続き、イスラエル政府大臣は、安全のため、チュニジアに残るユダヤ人すべてが、イスラエルに移動すべきと語った。

セファルディユダヤ人何十万人もが、1948年のイスラエル建国前、北アフリカ・中東中に住んできたものだった。

しかし、残る小さなコミュニティへの、荷造りして出立すべきとの提案は、ユダヤ人自身の多くにより拒絶されている。

ワイア・デイビスがチュニジアから報告する。

原文とヴィデオ (2:34):BBC


 現在チュニジアで住む場所があるのに、(口実にせよ)住む場所もなくパレスチナから土地を奪っているイスラエルに行く理由を見つけるのは困難だろう。かつての祖国を懐かしむ、イスラエルのセファルディは少なくない。その声はかつての祖国に充分届いていると思う。


posted by mizya at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。