2012年02月02日

米国が西岸入植地建設に補助金を交付するイスラエルの計画を批判

2012年01月31日

国務省官僚トップによるコメントは、ネタニアフ内閣が、西岸の70を含む557の「国家優先」入植地移住促進計画を発表した後、なされた。

Natasha Mozgovaya and The Associated Press

合衆国は、火曜日、米国高官トップが、動きは「建設的でない」と語り、イスラエルの、西岸入植地いくつかでの建設を補助する計画を最近批判した。

日曜日、ベンヤミン・ネタニアフ首相政権は、Associated Pressの報道によれば、西岸の70を含め、557の田園入植地での建設に補助金を交付すると認可した。

(略)

AP報道によれば、ヘブライ語発表原本には、伝えられるところによれば、その殆どが、イスラエルが撤退しなければならないだろう領域である西岸に深く食い込む、70の入植地を含む、完全なリストが添付されていた一方、計画の英語での発表は、計画に含まれる町や入植地のリストを含まなかった。

(略)

全文:Haaretz.com


 下の掲載記事報道への米国の反応。アリバイ工作としての型通りの非難だから、全文を翻訳する必要を感じない。例によって、交渉、交渉、交渉、を繰り返している。米国が型通りの批判をしたところで、イスラエルにとっては痛くも痒くもない。入植地拡張を停止させる措置を、つまり、米国の海外援助の殆どを占めるイスラエルへの援助を止めることはないと、イスラエルは高を括っているのだから。米国内の教育費を削ってまで、米国人はイスラエルを支援したいらしい。阿呆としか思えない。


posted by mizya at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。