2012年02月03日

イスラエルが1967年以来エルサレムのパレスチナ120機関を閉鎖

2012年02月01日水曜日

パレスチナ人権組織は、1967年に都市占領を仕上げて以来、イスラエル占領当局が、エルサレムのパレスチナ機関120以上を閉鎖してきたと明らかにした。88機関ほどが完全に閉鎖され、他の機関は、被占領エルサレムから被占領西岸に、その活動を移さなければならなかった。

記者声明で、アルマクダシ財団は、イスラエル当局が、イスラミック倶楽部とサルワン慈善財団を、ハマースから資金提供を受け、代理して活動を率いるとの口実の下、30日間今閉鎖したと述べた。これは、両財団が、適切なライセンスを所持し、サルワンがその独立を証明する証拠を提出した事実にも拘らず、だった。

アルマクダシの声明は、「昨年と1967年以来毎年の他のすべてと共に、これらの閉鎖は、占領開始以来のイスラエル政策の一部である。イスラエル占領当局は、パレスチナのアイデンティティと機関の抹消を企てている」と述べた。この抹消の最初のものが、1967年に、イスラエルにより閉鎖されたアラブ・エルサレム市当局だった。

(略)

全文:Middle East Monitor


posted by mizya at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。