2012年02月06日

イスラエルアパルトヘイト週間:あるがままに呼ぶ

Adam Horowitz
2012年02月03日


neverbeforecampaign

今年のイスラエルアパルトヘイト週間のための「かつてなキャンペーン」の新作ヴィデオ。ヴィデオの YouTubeページ

アパルトヘイトのひとつとイスラエル政権を名指すことはレトリックでなければ、誇張でもプロパガンダの手段でもない。イスラエル政権が、法律、実践、教育、そして生活の殆どの様相を通した、差別に基づく、これは、パレスチナの今日の現実である。このアパルトヘイト政権は、パレスチナにいる人びとに負わせるばかりでなく、パレスチナ難民何百万人にも、間違った宗教の側にいるので、その帰還権を拒絶した。

世界中の意識が、パレスチナでのイスラエルアパルトヘイト体制に関して、増加し続け、この様相の努力それぞれが、歴史のこの恥ずべきページの結論を加速するため支援するだろう。そして、この意識が高まるとき、この政権への不買・脱資・制裁運動は、非常に有効で自然な反応を提供する。世界は、南アフリカのケースで、同様の応答を起こし、実を結ぶのを目撃し、パレスチナのケースでも同じことが起こるだろうと思う非常に十分な理由である。

原文:Mondoweiss


posted by mizya at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。