2012年02月07日

南アフリカがパレスチナとの協力促進、イスラエルに対する制裁強化

2012年02月06日月曜日

paul-mashatile.jpg
芸術文化大臣、Paul Mashatile

南アフリカ政府は、パレスチナへの支援を促進する計画を練っている。芸術文化大臣、Paul Mashatileは、先週、Mashatile氏のカウンターパート、シーハン・バルグーティを含むパレスチナ代表団が、政府代表と会談し、南アフリカとパレスチナの文化協定に署名したと、プレトリアでの記者会見で発表した。将来の協力計画は、文学交流、展覧会、言語開発プログラム、遺産保存イニシアティヴを含む。

パレスチナとの強化される協力に加え、南アフリカ政府はまた、イスラエルに対する制裁強化を考慮している。「わたしたちは、パレスチナの支援促進を望み、この支援を向上させる多くの平和的方法を調査している」と、Mashatileは、先週、ニューエイジ新聞に語った。「わたしたちは、イスラエルに対する不買・脱資・制裁 (BDS) キャンペーンを支持するにあたり、何ら問題ない」。

これは、南アフリカを統治するアフリカ民族会議 (ANC) の、パレスチナに関するかねてからの立場に精通する人びとを驚かせないだろう。(略)

全文:Middle East Monitor


posted by mizya at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。