2012年02月07日

米国が旅行者にエルサレムでの「不謹慎な服装」警告

イスラエル首都(まあ、イスラエル新聞だからこのように書くだろう - mizya)での最近のハレディ極端主義への懸念が、米国領事館を、アメリカ人旅行者のためのエルサレム旅行勧告公表に駆り立てた
Itamar Eichner
2012年02月05日

米国務省は、イスラエルのハレディ社会の過激派により示された最近の暴力を懸念し、旅行者のための旅行勧告を公表した:過激派が、通りであなたを攻撃する恐れのため、ハレディ地区を不謹慎な装いで歩き回るな。

最近の意図しての女排除とハレディ暴力の現象で、2週間前、米国務省により更新された旅行勧告は、アメリカ人旅行者に、旧市街やハレディ地区の宗教遺跡を訪れる場合、ふさわしく装うよう、そして安息日にそれら地区を車で通るのを避けるよう呼びかける。

(略)

旅行勧告は、2か月前、Saban会議で話し、エルサレムのあるバスが、女の座席エリアを分けて割り当てることへの衝撃を表明した、米国国務長官、ヒラリー・クリントンにより発表された声明のすぐ後に続く。

「それはローザ・パークスを思い起こさせる」と、1950年代に白人乗客に座席の譲り渡しを拒絶したアメリカ黒人女性に言及し、彼女は語った。

女兵士らが歌うイヴェントから立ち去ったイスラエル国防軍兵士ら何人かの決定に言及し、イランの状況を思い出させたと彼女は語った。

全文:Ynet news.com


 ニッポン外務省の渡航勧告を確認してみると、ハレディ過激派の暴力については言及がなかった。なるほど、ニッポン外務省は、占領勢力、イスラエルではなく、被占領民衆の抵抗運動に、不安定のすべての原因があるとみているらしい。このような認識であれば、渡航勧告サイトから得る情報は何もない。税金返せ。

関連記事:「Beit Shemesh被害者が活動家となる」The Jerusalem Post
JEREMY SHARON
2012年02月06日

過激派超-正統派暴力・脅迫の最近の被害者、Natalie MashiachとHadassah Margolisは、政府介入を要求した。

ShowImage.ashx.jpg
By REUTERS/Baz Ratner

Beit Shemeshの過激派超-正統派暴力・脅迫の最近の被害者、Natalie MashiachとHadassah Margolisは、他の活動家らと、日曜日、エルサレム首相府に、その都市のハレディ社会区域の過激派傾向に取り組むよう政府に要求するため、小さなコンヴォイで進んだ。

(略)

アーカイヴ:警察:エルサレムの投票の女性排除を調査する(2011年12月18日)


 このユダヤ教徒らが排除するのは、女ばかりでない:長い衣をつけた男(聖職者)だって排除される:

アーカイヴ:旧市街で聖職者たちに対する超-正統派のつば吐き攻撃が日常となる(2011年11月06日)


 そして「唾吐き」はどうも、ハレディだけの専売特許でもないらしい:

アーカイヴ:イスラエルへようこそ(2011年07月10日)


posted by mizya at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。