2012年02月09日

進行中のナクバ:イラクのパレスチナ難民の苦境

2012年02月06日
トム・チャールズ

2011年9月、パレスチナ自治政府大統領、マフムード・アッバスが、国連にパレスチナ国家地位を付託したその月、レバノン拠点のパレスチナ人権財団のクサイ・アブドゥル-ラウーフは、バグダッドのアルバラディーヤ地区のパレスチナ人に対する増加する多くの攻撃を記録する仕事に従事していた。彼が地区を見て回っているとき、伝えられるところによれば内務省の制服着用のガンマン3人が彼を拉致した。それ以来、誰も彼を見ていない。

概略のみ:イラクのパレスチナ人人口:2003年の米国/英国侵略前、3万5000人(9万人との推計もある)。国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR) によると、2009年に1万3000人が残った。この数が現在およそ7000人と示す。イラクのパレスチナ難民は無国籍、脆弱で忘れられている。

Tom Charles 2.jpg

ナクバということばは、大災厄と翻訳され、一般に1948年に、その自国からのパレスチナ人の民族浄化を指す。しかしパレスチナ人にとって、ナクバは終ったことがなく、その追い立ては続く。(略)この永続する危機は、その規模と、国際関係へのその顕著な影響にも拘らず、西側ニュース消費や国会論議で極度に軽んじられる。(略)

ナクバ過程1:1948年と1967年

パレスチナ人は、戦争から逃れる度、いくつかの波で、イラクに行った。第1集団は、現在イスラエルの、ハイファと周辺の村々からだった。彼らは、1948年戦争で、村々に対する最初のシオニスト攻撃に抵抗したが、後に、イラク軍が駐留していたジェニンへ逃れた。イラク軍の保護の下、女と子どもたちはイラクに避難させられ、男たちは、イラク軍特殊部隊、カルメル旅団に組み込まれた。1949年に、イラク軍がパレスチナを立ち去ったとき、これら村民(およそ4000人を数える)も一緒に退却した。1967年戦争の後、パレスチナ人の大きな第2波が、イラクに到着した。殆どのパレスチナ人がクウェートから追放された1991年の湾岸戦争後、他に行くところがなかった多くが、ことさらガザ回廊出身者が、第3の流入で入った。

Tom Charles 3.jpg

被占領地、ヨルダン、シリア、レバノンのパレスチナ難民と異なり、イラクに住んだ難民は、国連難民救済事業機関 (UNRWA) の管轄とならなかった。イラクは、UNRWAが最初1940年代の終わりに設立されたとき、領域でのUNRWA運営許可を拒絶した。イラクのパレスチナ人は、特別トラヴェル・ドキュメントを発行され、労働権を与えられ、ヘルスケア、教育、他の政府事業に完全なアクセスを与えられた。彼らはまた、政府所有の住宅に住むか、あるいは民間所有住宅の家賃の助成金が交付された。これは、キャンプのぞっとする生活環境より確かによかったが、難民は市民権を与えられず、住宅や土地の所有も認められなかった。1980年代と1990年代、パレスチナ人が優遇措置を受けていると信じるイラク住民人口の階層にとり、彼らは、煮えたぎる憤りの源となった。(略)

概略のみ:イラクのパレスチナ人は、イラク社会同様、経済制裁に曝され、米国の爆弾を被った。

続くナクバ:2003年

パレスチナ難民状態の危うさは、2003年の米国主導の侵略後、現れた。イラク社会が、戦争、制裁の数十年の重量下で苦しみ、また彼ら自身の国内的転移の状況も加わり、パレスチナ人の看取られた優遇措置への怒りが、彼らを報復の標的にした。パレスチナコミュニティは、彼らを保護する武装集団もなく、非常に脆弱で、イラク市民と異なり、イラクのトラヴェル・ドキュメントを持つパレスチナ人は、通常、近隣諸国に避難を模索することもできなかった。その結果、何千人もが、囲い込まれたキャンプにヨルダン警察警備隊下に残るか、バグダッドの迫害に戻るかを選択するしかない、ヨルダンとの国境地帯の宿る場もないキャンプに逃れた。ヨルダンに家族関係を持つパレスチナ人のあるものは入国を許されたが、働くことは禁じられた。パレスチナ自治政府は、イラクから逃げるパレスチナ人に、ガザ回廊で収用する旨を繰り返し述べたが、イスラエルが、ガザ境界支配により、これを妨げることができた。

(略:死の脅迫と殺戮から逃れたパレスチナ人が死と隣り合わせの環境に置かれる)イラクのパレスチナ人は、彼らが1948年の民族浄化後したように、テントで暮らし、(難民生活を)一周した。

Tom Charles 4.jpg

(略:興味深いけれど、何しろ長い)

全文:Jadaliyya


 イラク政府によるパレスチナ難民への家賃援助は、土地家屋所有を禁止する政策の裏返しだったわけだが、土地家屋を所有しないイラク人にとっては、「優遇」と映ったかもしれない。ニッポンの、いわゆる在特会が、何をもって「特権」としているのかは理解しかねるけれど。


posted by mizya at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。