2012年02月11日

イスラエルの病院:ハデル・アドナーンが死の危機

2012年02月09日木曜日
Jihan Abdalla

ラマッラ (Reuters) -- イスラエルによる裁判なしでの拘留に対する抗議で、55日間のハンガーストライキのパレスチナ囚は、医療を拒否し、彼の命が危険な状態にあると、木曜日、病院報道官は語った。

イスラミック・ジハードメンバー、ハデル・アドナーン、33歳は、被占領西岸の彼の逮捕の直後、12月半ば以来、食べることを拒絶し、それ以来、水分のみを摂取してきた。

「彼の状態は良くない。50日以上もハンガーストライキする人びとは、実際危険だ。医師団は非常に懸念する」と、アドナーンが運ばれた、イスラエル北部の町、サフェドのSieff病院の報道官、Yael Shavitは語った。

「彼は、どんな治療も受けることを拒絶する。彼は、IVにつながれることに同意しない」と、彼女は、静脈点滴に言及して語った。

パレスチナ政府関係者は、パレスチナ囚により、これまで試みられた最長のハンガーストライキで、アドナーンが死ぬなら、西岸とガザ回廊での大きな抗議が予測されると語る。

アドナーンの妻、ランダは、彼を、イスラエルの破壊を約束し、イスラエルの標的への多くの攻撃に関係した、イスラミック・ジハード指導者とするメディア報道を否定した。

彼は、イスラエル当局に、裁判も刑事告訴もなく容疑者を無期限に拘留するのを可能とする、いわゆる「行政拘留」下で捕らえられている。地元人権集団、アルハクは、パレスチナ人315人が、その命令下で捕らえられていると語った。

ランダは、火曜日に夫を訪ねたこと、彼が病院のベッドに手枷(あるいは足枷)され、35kg(77ポンド)失ったことをReutersに語った。彼の皮膚は色あせ、髪は抜け落ち、口のまわりに傷があったと、彼女は語った。

「わたしたちの娘を乗せることができなかった。彼の腕に力がなくて」と、彼女は語り、彼が血液を吐き始めたと付け加えた。

危険で

(略)

PHRは、アドナーンが、彼の拘束と「尋問の屈辱的で残酷な状況」に対する抗議でハンガーストライキしていると語った。彼は「危険な」状態にあり、無所属の医師へのアクセスを否定されてきたと、PHRは付け加えた。

「部屋に常に看守がいて、これが大きな問題だ」と、PHR活動家、アナト・リトヴィンは語った。

リトヴィンは、アドナーンが、彼ら (PHR) の医師にプライヴェートに診察してもらうと頼んだが、看守は、残ることを拒絶し、医師は、手枷されていたので彼を診察できなかったと語った。「これを正当化できない」と、彼女は語った。

イスラエル軍は、木曜日、「地域的安全を脅かす活動により」アドナーンが逮捕され、「この令状は、裁判再審理で認可された」と声明で述べた。

それは更なる詳細を示さなかったが、アドナーンの上告が再審理中と述べた。

(略)

「わたしの息子は、食べ物に餓えているのでも水に飢えているのでもなく、しかし、彼の自由、彼の人びとと拘留者すべての自由を必要とする」と、彼の父親、ムーサ・アドナーンは、語った。

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。