2012年02月13日

パレスチナ人ハンガーストライカー救出を求める署名

2012年02月10日金曜日

オンライン請願は、赤十字国際委員会 (ICRC) に、56日間ハンガーストライキしてきたパレスチナ人拘留者を解放するよう、イスラエルに圧力をかけるよう要求した。

(略:アーカイヴ記事参照)

オンライン請願は、イスラエル軍事法廷に、アドナーンを解放するよう要請し、そしてICRCに、イスラエル政府が譲歩するよう圧力をかけることを訴える。

「わたしたちは、2011年12月17日以来、ハンガーストライキしてきたパレスチナ人拘留者、ハデル・アドナーン氏に関する、あなた (ICRC) の鈍い行動へのフラストレーションを示すため書いている」と、請願は述べる。

「彼の拘留は、裁判も刑事告発もなく継続している。国際人道法によれば、イスラエル政府に彼を解放するよう圧力をかけることにより、彼の命を救う意欲的措置を取ることが、ICRCの責任である」。

請願署名は、金曜日に開始され、現在の目標が300人で、200人の署名が集まっている(現時点で目標人数、3000人、署名数2400人ほど - mizya)。

(略)

全文:alakhbar

アーカイヴ:イスラエルの病院:ハデル・アドナーンが死の危機(02月11日)


posted by mizya at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
呪われたシオニスト達、他人に迷惑を掛けるな。
Posted by 長谷川 明 at 2012年02月14日 01:47
「請願」をクリックすると署名サイトにアクセスします。「行政拘留」というのはつまり無実と解釈するしかありません。イスラエルは世界に、つまり目撃しているわたしたちに拘留理由をなにひとつ示していないのですから。このような無法は即刻終らせて欲しい、目撃しているだけで苦しくなります。
Posted by mizya at 2012年02月14日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。