2012年02月16日

イスラエルの公園のためパレスチナ人家屋88棟が破壊される

2012年02月12日

2012年02月11日 | Al Haq

Al-Bustan-area-jerusalem-600x425.jpg

東エルサレムのパレスチナ住民たちは、増大する家屋破壊と追い立て強制の脅威に直面し続ける。エルサレム旧市街の南に位置し、50,000人以上のパレスチナ人口を抱えるシルワン地区は、特別の危機にさらされている。東エルサレムが違法に併合された1967年にイスラエルにより設立された(エルサレム)市自治体は、一方的に境界を引き、ダビデ王ガーデンとして知られる、いわゆる考古学公園開発に道を開くため、シルワン中央、アルブスタン(地図参照)のパレスチナ人家屋88棟の破壊を計画する。計画が進むなら、パレスチナ人1,500人以上が、家を失い、強制的に移送されるだろう。

原文:International Solidarity Movement


posted by mizya at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。