2012年02月19日

報告:2011年にイスラエルはガザ住民114人を殺害、他の467人を負傷させた

2012年02月17日

ガザ、(PIC) -- アルミザン人権センターは、イスラエル占領軍 (IOF) が、昨年、貧困に陥れられたガザ回廊で、子ども15人、女ふたりを含むパレスチナ市民114人を殺害したと述べた。

2011年のガザに於けるイスラエルの暴力を報じる報告で、アルミザンセンターは、子ども120人、女35人を含むパレスチナ人467人がまた、人口密度の高い飛び地に対するイスラエル軍事攻撃で、負傷させられたと付け加えた。

軍事作戦で、市民の家屋、152棟が異なる損害を被り、その10棟は完全に破壊された。イスラエル軍事攻撃はまた、報告の年に、店舗31棟、産業施設23棟、公的建造物73棟、車輌23台に損害を負わせた。

IOFはまた、ガザ東部地区への軍事侵攻で、耕作地、8,410平米を破壊した。

報告は、イスラエル海軍により犯された、パレスチナ漁師と彼らの舟に対する暴力、ことさら、毎日単位で曝される不断のハラスメントも含んだ。

それ(報告)はまた、ガザ商業検問所での、生命維持に必要な移動、商品、個人に課されるイスラエルの制限についても言及した。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。