2012年02月23日

ハデル・アドナーンをハッシュタグする:ツイッターでのグローバル抗議

Khader_Adnan_pic_1_0.jpg
西岸都市、ジェニン郊外のイスラエル人配置のジャラマ検問所を家族と横断するとき、パレスチナ囚人、ハデル・アドナーンの父親が、息子のポスターとIDを掲げる、2012年2月19日。 (Photo: AFP - Saif Dahlah)

ジャラル・アブハテル
2012年02月20日月曜日

ハデル・アドナーンの動向ハッシュタグを組織することは、都市の最も混雑して最も込み合う通りの角で、大きな抗議を組織するのに似ている。

あなたがこれを読むとき、ハデル・アドナーンは死にとても接近している。アドナーンを即刻解放するようにとの、アムネスティ・インターナショナル、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、カーター・センター、そして他の多くの人権組織による要求に、イスラエル国が当然応答していい頃である。

アドナーンが、ハンガーストライキの65日目に入り、活動家たちや人権支持者たちは、このキャンペーンに加わってきた。加えてアムネスティ・インターナショナルは、イスラエルに、行政拘留制度を廃止するよう要求している。

(略:アドナーンに関する先行記事参照)

アドナーンが、イラン刑務所でハンガーストライキするイラン人だったら、と想像して欲しい。わたしたちは、世界の注意を引くため、ツイッター上でのこの大規模運動をしなければならなかったろうか? わたしはそうは思わない。国際社会の沈黙が耳を閉ざす。主流メディアの鈍い覚醒は、弁解不能だ。

主流メディアが、アドナーンのストーリを報道し損なう一方、ツイッターは、イスラエル政府に行動するよう圧力をかける運動の中心となっている。ツイッターユーザが、主流メディアにより作られた穴を満たす責任を引き受けた。

この時点で、Topsy Twitter統計によれば、ハッシュタグ、#KhaderAdnanは、ツイッター上で40,000回ほど記載された。この統計が、何千も数える他の関係するハッシュタグを除外することは、注目すべきだ。

ハッシュタグは、ある会話の部分として、確実なツイートを記す、ツイッターで使われる特別なツールだ。ハッシュタグを入力するため、ひとは、いかなるキーワードの前にも (#) を加えなければならない。ハッシュタグが選択されている場合、ユーザは、この特定のハッシュタグを使って、ツイッター最新版すべてを読むことができるページに直行する。大きなニュース記事、ポピュラー・イヴェント、革命でさえ、あるときはいつも、人びとは、その会話に寄稿するため確実なハッシュタグを使う。それが、パレスチナ人と他の活動家たちが今、アドナーンのためにしていることだ。

先週、ツイッターユーザは、アドナーンの事例で幅広い注目を獲得する試みで、彼を支持する異なるハッシュタグを組織してきた。ユーザは、何分か、あるいは1時間さえ、世界的に回転するようハッシュタグをすべて成功裡に持つことができた。ツイッターユーザは、#KhaderExists、#Dying2Live、#hungry4justice、#KhaderIsAlive、#Khader61days、#Respect4Khader、#Khader62、#HungerStrike63daysといったハッシュタグを使用して記入した。(略)

アドナーンのための動向ハッシュタグを組織することは、都市で最も混雑し、最も込み合う通りの角での大きな抗議の組織に似ている。アドナーンについてさえずる何千人もの人びとを得ることは、簡単なことではないが、アドナーンの尊厳のための非-暴力闘争が、この男の命を救うため彼らができる何であれしようと、地球上の何千人もを動機づけてきた。ツイッターユーザは、現在、世界に向けたアドナーンの最も力強い声だ。

Twitter.comへの新たな最新版で今、ツイッターユーザが、地球上の最もポピュラーなストーリトップ10を読むことができる「Discover」と名付けられたセクションがある。アドナーンの名前が回転する度、彼についてのストーリが「Discover」セクションのトップ10ストーリに、それが回転した後6時間以上残る。これは、主流メディアが報道しないとき、ますます多くの人びとが、社会メディアツール、ツイッター経由でアドナーンについて知るだろうことを保証する。

(略)

アドナーンの事例に光を当てるようメディア・アウトレット(出口、つまり新聞やTV局、ラジオ局など)に要求する運動のもうひとつの部分として、もっとメディア・アウトレットがアドナーンのハンガーストライキを報道するよう、ツイッターユーザは数日前、#CoverKhaderと#WaitingForKristof のハッシュタグを使用し始めた。第2のハッシュタグは、特に、2010年「ガンジーを待つ」と表題した記事を公表したニューヨークタイムズ特派員、ニコラス・クリストフに向けられた。ニコラス・クリストフは、公正と尊厳のために闘う個人の闘争を語った彼の個別化されたストーリで知られる。しかし彼の記事、「ガンジーを待つ」で、クリストフは、多くのパレスチナ人が専心した、第一次インティファーダの一部だった人びとのような、非-暴力闘争に言及しなかった。クリストフは、アドナーンとハンガーストライキをまだ扱っていない。

(略)

全文:alakhbar


posted by mizya at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。