2012年02月25日

イスラエル裁判所が手枷足枷を外す判決を出す一方、ハデル・アドナーンは時間のかかる回復を始める

共同プレス・リリース、アッダミール囚人支援・人権協会と人権医師団 - イスラエル

ラマッラ、2012年2月23日 - 2012年2月21日夜の66日間のハンガーストライキ停止に続き、人権医師団-イスラエル (PHR-Israel) -加盟医師と、アッダミール弁護士、サメル・サムアンが、今日、2月23日、彼の現状を綿密に観察するため、ハデル・アドナーンを訪れた。

PHR-Israel-加盟医師によれば、「ハデルの状態は不安定なままだ。彼は、長く持続的回復過程に直面するだろう」。ハデルは今、1日に3食摂っているが、それらをゆっくり、2回に分けて摂るよう言われた。病院職員は、彼があたかもよく回復しているように見えても、慎重でいることが重要と述べる;回復の日々は、彼の必要すべての平衡の複雑さと彼の心臓の機能不全の可能性のため、主要な危険を保持する。彼は、歩くことを妨げる、極端に弱い筋肉にまだ苦しむ。ハデルは、PHR-Israelとアッダミールにより共有される恐れ、あまりにもすぐ、彼が病院から刑務所に移動されるだろうという印象を与えられてきた。

ハデルは、彼の拘留を制限する取り引きがイスラエル職員と交渉される前の数時間、彼が、彼の意志に反して、彼の命を即座に危険にさらしたであろう行為 - 食事を注ぎ込むと脅されたと説明した。ハデルは、彼が解放の最小条件を受け取るまで、不動を保った。彼は、囚人仲間と彼を支援してきた世界中の個人に対し、最大限の感謝を表明し、地元・国際社会に、手元の実際の問題は、彼の事例ではなくむしろ、他の囚人すべてと、占領下に生きるパレスチナ人の事例と思い出させた。

他のパレスチナ囚人にも同様に影響する可能性のある前例ない裁決で、イスラエル地方裁判所は、今日、2月23日、病院のベッドでのハデルの手枷足枷の除去を命じる結論に達した。判決で、Avraham Tal判事は、PHR-Israelとアッダミールにより提出された訴訟に関する彼の見解を述べた:「原告の医学的状況に照らして、ハンガーストライキ直後、昼夜の別なくすべての時間、ベッドに彼を拘束することは、手足の1本のみといえど、そぐわない」。

ハデルは、Zif医療センターでの彼の滞在を通して、継続的に手枷足枷され、拘束物は数回短時間外されたに過ぎない。IPS(イスラエル刑務所行政)は、彼のハンガーストライキの最終日、彼らが彼の拘束物を外したと主張したが、PHR-Israelもアッダミールもこれを真実と考えない。IPSはまた、彼がハンガーストライキを終了したなら直ちに、病院ベッドへのハデルの拘束を「復活」すると決定したと述べた。今日の裁決は、「IPS、あるいは彼を扱う医療スタッフにより認可されない」訪問者がいる場合に、ハデルが手足の1本のみを拘束されるのを許す。しかしながら、彼の弁護士とPHR-Israel-加盟医師の今日の訪問中、彼の両脚は、まだベッドに拘束されていた。

(略:まだ長い)

全文:Addameer


posted by mizya at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。