2012年02月29日

コントロールの技術:ヒューレット・パッカードの場合

2012年02月26日日曜日
WHO PROFITS

ヒューレット・パッカード (HP) の占領への直接関与に関する報告。HPは、被占領パレスチナ領域のイスラエルの監視と支配のメカニズムの国際・現地法人の役割を議論する事例研究として使用される。

basel_system.jpg

パレスチナ領域のイスラエルの占領は、監視と支配の日々の業務により維持され保持される。近年、それら業務は、国際・現地法人により提供される技術的メカニズムにますます依存する。それらの中に、ヒューレット・パッカード (HP) がある。

その子会社、EDSイスラエルを通し、HPは、被占領パレスチナ領域 (oPt) の検問所で、HPにより設置され維持される自動生物測定アクセス・コントロール・システム、Baselシステムの元請業者だ。

HPが関与するもうひとつの管理メカニズムが、その政治的・経済的不均衡と段なす市民権構造を反映し強化する、イスラエルの身分証明書システムである。HPは、イスラエル内務省のため、イスラエル人(ユダヤ人とパレスチナ人)市民と住民の生物測定身分証明書を製造するだろう。加えて、HPはまた、イスラエル軍に、業務と技術を提供する。

(略)

全文:AIC

アーカイヴ:インクの前に考えて!(2010年09月15日)


posted by mizya at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。