2012年02月29日

ハデル・アドナーンは手術後「安定」している

2012年02月29日

ラマッラ (Ma'an) -- ハデル・アドナーンは、66日のハンガーストライキ後、腸の手術を受け、安定した状態にあると、火曜日、パレスチナ拘留者のセンターの弁護士は語った。

ラーイド・マハミドは、イスラエル北部の町、サフェドのZeev病院にアドナーンを訪ね、彼の状態はよく、彼は手術で使用された麻酔から覚めてきていると語った。

アドナーンは、食べ物なしで2ヵ月過ごした後、腸閉塞を引き起こし、2日前、腹の激しい痛みを報告し、手術を受けた。

イスラエル関係者は、先週、彼らが、彼の行政拘留期間の少し前に終了することになっている4月17日にアドナーンを解放するつもりで、(行政拘留)命令を更新しないだろうと発表した。

代わりに、アドナーンは、パレスチナ囚人による今までで最長を維持したハンガーストライキ終了に同意した。

刑事告訴なしに拘留を許す同じ規定の下で捕らえられている女囚、ハナ・シャラビーは、10月の囚人交換取引で解放されたにも拘らず再逮捕された2月16日、ハンガーストライキを始めた。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。