2012年03月02日

シュハーダ通りを開放せよ - コベント・ガーデン検問所 - 2012年2月25日


ectomorfoo
2012年02月26日

2012年2月25日、アルハリール(ヘブロン)のシュハーダ通り再開を要求して、抗議が、ロンドン中心、コベント・ガーデンで開催された。

この抗議は、アルハリールのイブラヒミモスクでの朝の祈りで、ユダヤ人過激派が、パレスチナ人参拝者29人を殺害し125人以上を負傷させた、バルーフ・ゴールドシュタインによる大虐殺の18周年記念に組織された。

アルハリールは、市街のホテルの部屋に立てこもって、離れることを拒絶した最初の宗教入植者らが、イスラエル軍になだめすかされ、近くにキリヤト・アルバ入植地を与えられた1969年以来、イスラエル占領下に置かれてきた。

10年後、行為は放棄された病院で繰り返され、このときイスラエルは、不法占拠者らがアルハリール市街に入植するのを認めた。

アルハリールのパレスチナ人の生活に対する制限は、バルーフ・ゴールドシュタインの大虐殺後、加速した。

アルハリール旧市街中心からのパレスチナ人とその暮らしの追放は、その地区が1997年にイスラエル支配H2となった後、制度化のプロセスとなった。

現在、少なくとも入植者500人と、少なくとも兵士2,000人が、アルハリールと西岸南部全体双方の経済的中心、シュハーダ通りを閉鎖してきた。

1980年代に始まり、第二次インティファーダ後に最高点に達するシュハーダ通りの段階的乗っ取りは、かつての忙しい市場をゴーストタウンに変え、住居1,000棟以上、店舗1,800棟以上の(しばしば強要的)放棄を引き起こした。


 あなたの自宅の通りが封鎖され、軍により扉が熔接されたなら、あなたはどうするだろう。わたしの場合、アパートの2階のテラスから縄梯子を下げて庭に降り(3階でなくてよかった)、玄関と反対の通りに出ることになる。アーカイヴは、シュハーダ通りに面する扉が、イスラエル軍により熔接された、パレスチナ老婦人の、建物を昇り、屋上から別の建物に移り、違う通りにたどり着くまでの過程を追ったヴィデオである。

アーカイヴ:仮にあなたがこのサイトに何か見るなら(2010年07月13日)


posted by mizya at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。