2012年03月06日

イスラエル裁判所がヘブロン入植者らの撤退を考慮

2012年03月04日日曜日

57836_345x230.jpg
入植者らがヘブロンのパレスチナ人家屋を占拠。(MaanImages/File)

ヘブロン (Ma'an) -- イスラエル最高裁判所が、月曜日、ヘブロン旧市街の資産ふたつから入植者らを撤退させるかどうかを考慮するだろうと、日曜日、ヘブロン復興委員会 (HRC) は語った。

「イスラエル裁判所は、入植者らの、彼らが占拠したパレスチナ人店舗からの撤退を再考しようとしている」と、HRCは語った。

「店舗(複数)は、2000年にイスラエルにより封鎖され、アブドゥル・ジャワド・アルエウィウィとアブドゥル・ラズィク・アルエウィウィに所有された」。

HRCは、その基盤復活同様、ヘブロン旧市街の文化的アイデンティティの保存を委ねられる。

(略)

全文:Ma'an News Agency


 裁判所が「撤退」を裁決したからといって、イスラエル政府やイスラエル軍が「撤退」をさせるわけではないから... まあ、情報として。ゴーストタウンと化した旧市街は「観光スポット」だ。旧市街の通路の上にはアーケードならぬ金網が張り巡らされている。店舗の二階を占拠した極右ユダヤ人が、石やごみを投げ、放尿などするからだが、もちろん放尿は金網では防げない。しかし旧市街を歩くなら、投げ捨てられた石やごみで撓む金網を見ることができる。旧市街は迷路だから、そして道に迷っても尋ねるひともいないから、ガイドが必要だ。


posted by mizya at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。