2012年03月10日

パレスチナがユネスコに遺産遺跡20件提出

2012年03月08日木曜日

パレスチナが、ユネスコ世界遺産遺跡リストに加えるため、エルサレム、西岸、ガザの20遺跡の名称提出の用意が整うと、官僚は木曜日に語った。

「数日中に、わたしたちは、リストに加えられる20遺跡の一時的リストを提出するだろう」と、パレスチナ外務省の国連局長、オマル・アワダッラはAFPに語った。

パレスチナは昨年、国家承認を拒絶してきたイスラエルと合衆国の反対にも拘らず、国連教育・科学・文化機構(ユネスコ)の完全加盟国として認められた。

しかし、ユネスコ完全加盟国としての身分保障が木曜日に実施され、外交官たちは現在、パレスチナ遺跡登録に向け大急ぎで動く計画だ。

「今日からわたしたちは国家として完全な関係者となるので、今、わたしたちは、国家が協定の規定内でできるものごとすべてを始めることができ、そのひとつが、世界遺産委員会へのわたしたちのリストを提出できることだ」と、彼は語った。

提出される一時的リストは、遺跡のため、世界遺産地位を得る過程の第一歩で、加盟国が登録を望む所在地目録として意図されると、ユネスコは語る。

リストは、イエス・キリストの生誕の場所としてあがめられるベツレヘムの聖誕教会から、西岸南部、ヘブロンの城壁で囲まれた旧市街に及ぶ遺跡を含む。

それはまた、死海写本が見つかったクムラン洞穴、同様に、そのいくつかはエルサレムにある、一連の水路とウマイヤド宮殿を含む。

原文:alakhbar


posted by mizya at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。