2012年03月14日

ガザ北部への空爆が子どもを殺戮、6人負傷、死者21人

2012年03月12日月曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

月曜日朝、ガザ回廊の北部で、学校に向かっているとき、パレスチナの子どもが殺され、他の6人が負傷した。金曜日夜以来、軍によるイスラエルの発砲で、パレスチナ人21人が殺戮され、100人以上が負傷した。

地元情報筋は、イスラエル戦闘機が、ガザ市の西、アッスダニーヤ地区のガソリン・スタンド近くの生徒たちにミサイルを発砲し、生徒ひとりを殺戮し、他の6人を負傷させたと報告した。

医療・緊急業務上級委員会報道官、アドハム・アブサルミーヤは、殺害された子どもを、ナイエフ・シャバーン・カルムート、15歳と確認し、負傷した子どもたちの3人が重態と付け加えた。

月曜日朝早く、イスラエル軍は、ガザ回廊南部、ガザ市、ガザ北部を標的に一連の空爆を行って、イスラミック・ジハードの軍事部門、アルクッズ旅団の闘士ふたりを暗殺した。住民、46人以上、主として女と子どもが負傷した。

ガザ回廊に対するイスラエルの攻撃は、金曜日、軍が、民衆抵抗委員会の事務局長、ラファのズヘイル・アルカイシ、49歳と、西岸北部の都市、ナブルスのモハマド・ハニーナ;アルカイシの義理の息子、44歳を暗殺して、始まった。

同日の夜遅く、イスラエル空軍は、イスラミック・ジハードの軍事部門、アルクッズ旅団の闘士たちにミサイルを発砲し、3人を殺戮;彼らは、モハマド・ハララ、24歳、ファデル・アルガラブリ、25歳、ハジム・クレイケ、33歳と確認された。

原文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。