2012年03月19日

300の組織がイスラエルの占領を非難する文書に署名

2012年3月16日金曜日
PNN

3月15日木曜日、国連人権協議会会議で、期間中、イスラエルが西岸のパレスチナ人の移動に対する制限を解除するよう求めて、300の国際組織が署名した。

3月14日水曜日に、ジュネーヴで開催された会議は、パレスチナ被占領地でのイスラエルの暴力に関する情報を提供した。ヨーロッパ・地中海人権監視は、これらの暴力についての主要な報道官だった。

監視の地元責任者、アマニ・アッシンワル教授は、パレスチナ人に対して犯されるイスラエルの最も危機をはらむ人権違反を話した。特別集中したのは、最近のガザ回廊への行程と、パレスチナ人の生活の支配を目論む正当化できないイスラエルの制限の結果として、パレスチナ人が被るものだった。

彼女はまた、去年から4,000事例ほどある、イスラエルが西岸に旅することを禁じてきたパレスチナ人について話した。

彼女は、パレスチナ人の移動に対して課される制限を解除するようイスラエルに圧力をかけるために、人権協議会と他の国際組織に勧告を提出した。

(略)

全文:Palestine News Network
posted by mizya at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック