2012年03月21日

報告:イスラエルがアパート187,000戸建設

2012年03月18日日曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエル政府が、日曜日、5年間で新アパート187,000戸を建設する一連の措置を発表したと、イスラエル日刊紙、Maarivは報じた。

アパートほぼ40,000戸が、手頃な住宅向けで、大多数の新建築が、テルアヴィヴ地区、イスラエル中部、エルサレムに建設されるだろうと、Maarivは述べた。

公営住宅の居住者に提供される家賃援助の限界も引き上げられ、年にアパート15,000戸ほどを解放すると期待される動き、空きアパートの固定資産税は2倍になるだろう。

措置は、昨年、イスラエル人が物価高に抗議して通りを埋め尽くした後に設立された、Trajtenberg委員会の勧告に基づく。

アパートのどれほどかが、西岸と東エルサレムで建設されるのかどうか定かでない。

イスラエルは、1967年以来、西岸、東エルサレム、ガザ回廊を占領してきた。

原文:Ma'an News agency

アーカイヴ:「占領問題に沈黙のイスラエルの抗議」(2011年08月08日)


posted by mizya at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。