2012年03月22日

調査:西岸から不法に奪われるイスラエルの「国有地」

2012年03月14日水曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエルが、地方・国際法を犯す手順を使用し、被占領西岸のほぼ900,000ドゥナム(1ドゥナムは1反、300坪、1,000平米:訳注)をイスラエル国有地と指定したと、水曜日、イスラエル人権集団は語った。

B'Tselemによる新報告によれば、「パレスチナの個人あるいはコミュニティが所有するという事実にも拘らず、大幅な土地が国有地に分類され、入植地による使用のために指定されてきた」。

調査は、パレスチナの土地が「合法的所有者から、法律の小細工により、国際法と同様に地域法に違反して強奪された」と述べる。

イスラエル裁判所が、1979年、国家は、民間所有のパレスチナの土地に、入植地を建設できないと裁決した後、イスラエルの国家法務局は、国有地指定の必要条件を再定義したと、調査は述べる。

(略)

イスラエルの法的スタンスが、西岸の国有地を、イスラエル占領以前の527,000ドゥナムから、170パーセント以上の拡張、142万7000ドゥナム以上に増加させたと、報告は述べる。

国際法下、国有地はイスラエルに属さず、西岸が軍事占領下にある間、パレスチナ人の利益に使用されるべきと、B'Tselemは付け加える。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。