2012年03月23日

国連報告:イスラエルが昨年パレスチナ家屋574棟破壊

2012年03月20日

ジュネーヴ (PIC) -- 国連人権高等弁務官は、非武装パレスチナ人に対する実弾使用と、彼らの資産の破壊増加で、イスラエル軍を非難した。

国際組織は報告で、イスラエル軍が、2010年12月1日から2011年11月半ばまでの期間に、家屋203棟を含む、パレスチナ人の建物574棟を破壊し、パレスチナ人957人を強制退去させたと述べた。

報告は、行為を国際法と教義への紛れない挑戦と評し、イスラエルが、新建築許可発行に厳しい措置を課すと同時に、パレスチナ人家屋のその破壊政策に頑と言及した。

報告はまた、パレスチナ人が軍事法廷に出席しなければならない一方、入植者らが民事裁判所で審理されると説明し、イスラエルを、パレスチナ人と入植者らの扱いに於けるその二重基準で、激しく打ち据えた。

それ(報告)は、現在5年以上になるイスラエルのガザ回廊が、飛び地の人道的状況に影響していると述べた。

報告は、イスラエル政府に、パレスチナ民間人に対する過度の暴力の使用を制限し、パレスチナ市民とその資産に対する入植者らの攻撃をやめさせ、分離壁建設を停止してパレスチナの土地に建設された部分を解体するための、必要な措置のすべてを採用するよう促した。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。