2012年03月24日

PWA:水不足が食糧安全保障を脅かす

2012年03月22日木曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- パレスチナの食糧生産が、豊富な自然水資源への制限されたアクセスにより妨げられると、火曜日、水当局は語った。

世界水の日を記す、水曜日に述べられた報告で、パレスチナ水当局 (PWA) とパレスチナ中央統計局 (PCBS) は、水不足が食糧生産を低下させると警告した。

「続く包囲とパレスチナ都市の閉鎖、土地の没収と燃やすこと、農作物泥棒、入植地の拡張と農夫の彼ら自身の土地からの排除、加えて、水を盗み、農夫が農業に使用できない高額で売り返すイスラエルの行動は、食糧生産低下に帰着した」。

一方、食糧需要は、人口増加で上昇しており、価格押上を導いている。食糧が、平均世帯の合計経費の36.4パーセントを占めると、報告は述べた。

ガザの人口が、2016年までに190万人に達すると予測され、報告は、農業に割り当てられる淡水の量が、増大する自治体の必要を満たすために縮小されるだろうと警告した。

PWAとPCBSは、水の消費量が少なくて高い生産性のある作物種類を耕作するよう、農夫は奨励されるべきと語った。

彼らはまた、土地干拓を増強し、雨水収穫を開発し、乾燥飼料作物を潅漑するために処理廃水の使用を勧告した。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。